everesさんのソースを読んでいたら、
スマートな書き方をたくさん発見。

あくまでも開発用限定ですが。

settings.py

import os.path

DATABASE_ENGINE = 'sqlite3'
DATABASE_NAME = os.path.abspath('hoge.sqlite') 


TEMPLATE_DIRS = (
    os.path.abspath('template').replace(os.sep, os.altsep),
)

urls.py

import os

if settings.DEBUG:
    urlpatterns += patterns('',
        (r'^static/(.*)$', 'django.views.static.serve',
        {'document_root': os.path.abspath('static'), 'show_indexes': True}),
    )

今wiki20に認証機能を追加したwiki30を作成しようかと思っています。

wiki20にはwikiwordsという機能を組み込む部分もあるのですが、

TurboGears: 20 Minute Wiki, Page 4
http://www.turbogears.org/preview/docs/tutorials/wiki20/page4.html

今までの私の疑問を解決してくれたid:kenkitii:20060902をぱくりつつ
実装してみようと思います。

id:kenkitiiさんに感謝。

これを組み込んだwiki25、それに認証を組み込んでwiki30(wiki40か?)
という感じでチュートリアルを作っていければなと思います。

よいチュートリアルは何度やっても飽きないと思います。
そのたびにいろいろな発見があったり。

wiki20はその点素晴らしいチュートリアルだと思っています。

まずはwiki20のソースをできる限りシンプルにリファクタリングしてます。
新たに追加されたテストとかも組み込もうかな。