次はこのモジュールがよさそう

PycURL Home Page
http://pycurl.sourceforge.net/

ということで調査してみる。