Google Reader を使い続けてみて

LDR から Google Reader へ移行して半年くらいが経ちました。

とにかく英語版じゃないといろいろな機能を堪能できないので英語版で使いましょう。

メリット

  • 友人とフィードをシェアできる
  • Google Reader 内のはてブみたいな Notes 機能がある
  • スター機能が付けられる(s)
  • キーバインディングに慣れればさくさくよめる(vi キーバインド)
  • Google のアカウントと統一されている
  • フォルダ事、タグ事に RSS を公開できるので簡単に興味のある記事だけを公開できる
  • Notes 機能を使って公開/非公開のメモを作成できる(これ素晴らしい
  • RSS だけではなく Shared Items だけのページを公開できる(本名が出るけど
  • iPhone に対応
  • フィード個々にタグを付けられる(t)
  • LDR みたいに何人が読んでいます機能がある(id:htb さんに教わりました)
  • フォルダを作成して管理をしていれば自動的にフォルダ名のタグが振られます
  • シェアした記事を出力してブログパーツとして使える機能がある
  • Gears(旧 Google Gears) によるオフライン機能搭載
  • Google Reader、フィード共有機能を改善 - ITmedia Biz.ID 素晴らしい!!!

デメリット

  • タグ機能がいまいち使いづらい
  • Shared items の使い方がわかりづらい(結局全体公開?)
  • 英語版のみ機能がたくさん(当たり前と言えば当たり前ですが ...
  • Google Reader API が非公開(存在はしていますが公になっていません)

希望

  • 使いやすい Google Reader API 希望!!!
  • 自分がシェアしたエントリーと、フレンドがシェアしたエントリーが同じ場合、一つのエントリに対してコメントを複数個表示させて欲しい(日本語難しいな)

まとめ

Google Reader の Friends' shared items はとても良い機能。是非共有しましょう。
共有方法が Google Talk から切り替わりました。