iSCSI + ZFS + Time Machine 環境を構築する。

結論から行くと出来ました。 Time Machine はやってませんが普通にファイル置き場としては使えるようになりました。

TODO: 画像付きでまとめる

ZFS+ iSCSI で Time Machine(つまり iSCSI を認識させる)

1T の HDD でも買ってきて OpenSolaris 上の ZFSiSCSI 用に準備して、Mac から globalSAN iSCSI を使って iSCSI 上の ZFS を認識し、そこを Time Machine に使用。ZFS の Snapshot を定期的に S3 へバックアップ。というのを妄想しているのですがいかがか。

Mac OS X Server 10.6 では ZFS が標準搭載されるらしいので ZFS の勉強はしておきましょう。

準備
  • DELL T105 Opteron 2.1 くあっど、メモリ 2G を 21000 円で買いました。
    • メモリ 2G を 2 枚増設 (20000 円?)
    • ハードディスク 1T を 1 台増設 (15000 円?)
  • OpenSolaris 2008.11 をインストール
    • VMware ESXi Server 上へインストールしてしてます。

iSCSI + Time Machine だと何が嬉しいの?

簡単にいってしまえば iSCSI をグローバル公開していればいつでもどこからでもネットにさえつなげば Time Machine が使えるようになります。旅先でも、出張先でも、ハッカソン先でも。これって嬉しいですよね?嬉しくない人いるのか?

iSCSI の認証には RADIUS or Kerberos が使えるようです。RADIUS は間違いないです:-P RADIUS の場合は Server に FreeRADIUS でも立ててください。