第二回Erlang 分散システム勉強会で発表します。

たけまるさんからお誘い頂いて、なにか発表しませんか?ということなので ... 。
「Comet on mochiweb」を発表させていただくことになりました。

今回実装する Comet は XHR をサーバへ送って ... 解説が面倒なので引用

Cometでは、まずブラウザ側があらかじめサーバに対してHTTPリクエストを発行しておき、サーバ側はそのリクエストに対してレスポンスを返さずにずっと掴んだままにしておきます。そして、別の経路でサーバがキック(メッセージを送信)されたら、それまで掴みっぱなしになっていた複数のリクエストに対して一斉にメッセージを乗せてレスポンスを返すことで、擬似的にサーバからのプッシュを実現するのです。そして、ブラウザはすぐさまリクエストを再発行してふたたび応答待ちの状態へと戻る。まさに逆転の発想なのです。

Lingr and Comet - 技術解説編:江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance - CNET Japan

上記の通りそのままの実装をしています。コード自体も実際書いたのは100行程度です。
とにかくシンプルに書いてみることにしました。
jQuery 版と Mochikit 版の Client 側実装をお見せできるかと思います(間に合えば)

15分程度持つかなぁ。。。心配。