第 0 回 Python 旅館(11/30 - 31) pyhotel#0 無事終了

えー今回は 1/30 - 31 に行われる 第 1 回の Python 旅館をどんな感じなのかということで、理解者(暇人)の方々とやってみました:-)

参加者

(Twitter ID)

  • voluntas
  • nishio
  • tmatsuo
  • atusi
  • jbking
  • MiCHiLU
  • tokibito
  • kozo_ni

まとめ(だらだら書いてます)

まず、開催場所は神奈川県川崎市の川崎グランドホテルです。ここは1泊 1 万円前後で会議室が 24 時間使い放題という素敵なプラン(研修プランがあります)。さらに夜、朝の二食付き。次回からもずーっとこちらで開催します。

会議室ですが8人で使うには広すぎました ... が、会議室の名前が「ルビー」なのはなかなかやりおるな川崎グランドホテル。

Python 温泉の時も思うのですが「第 0 回 Python 旅館 様」と書かれるのは素直に嬉しいです:-P

PC 環境ですが参加者のうち tmatsuo さん以外は Mac さらに tmatsuo さんは debian sid ... 濃いなぁ。

さらに、酉の市がやっていたので男8人で繰り出してみました。atusi 大吉。西尾 吉。

皆さん思い思いの疑問やら、お勧めやらホントに1日だけの Python 温泉(温泉無し)でした。気軽に参加できる感じなので、是非次回いろいろな方々に参加して欲しいところ。

反省点としてはとりあえずのスタンスだったため、買い出しとかまったく考えていませんでした。jbking と atusi にお金を出させているので忘年会で支払う予定。

ホテルは廊下がたばこ臭い居たいが特に不満なし。これもってくると便利かも ... とおもったもの。

  • 自分専用コップ
  • 箱ティッシュ
  • スリッパ
  • おやつ
  • 飲み物

くらいでしょうか、ホテルなので基本的にはなんでもそろっていました。Python 温泉は熱海のいつものところ、Python 旅館は川崎グランドホテルを使っていこうと思います。

今回のキーワード

で、おまえは何をしていたんだ。

今回は、あるものを作るため頑張ってました。

複数の Trac のチケットを一括して見れる Trac 便利ツールを Django + SQLAlchemy + jQuery でプロトタイプを作りました。bitbucket にコードを公開しました。 tokibito に project ではなく application がいいと言われたので application スタイルにしてみました。Django の管理画面から trac の path を /home/trac/selfish と設定するだけで http://localhost:8000/ticekts/all/ で登録した trac の全てのチケットが見れるようになります。このツールは別のエントリーで使い方を書きます。

動作に必要なもの多分ですが ... 。

  • SQLAlchemy 0.5rc4
  • Django 1.0.2
  • trac 0.11.2
  • pysqlite
  • Python 2.5.2 or 2.6

bitbucket
http://www.bitbucket.org/voluntas/selfish/overview/

次回 第 1 回 Python 旅館 (1/30 13:00 - 1/31 12:00)

参加者募集中。(予算は 1 万円 + おやつ代?)

詳細は下記ページから。

tmatsuo に第一回参加大丈夫か確認しておかなきゃ ...

追記

参加者の方はブログにエントリーを書くまでが Python 旅館です:-P トラックバックくれ。