まーきゅりあるのススメ

RabbitMQ が Mercurial を使用していて、
その使い方が個人的に気に入っているので、メモしておきます。

まずバグが出たらバグに番号を付けてブランチを切っています。

$ hg branch bug00001

積極的に branch は切る。そして積極的に修正してマージする。
マージが終わった branch は自動的に inactive になって、
hg heads した際に表示されなくなります。

RabbitMQ サンプル

$ hg branches
default          793:deb1ba59c765
bug20149         784:e74b10887829
bug20173         783:e30e539b51cd
bug19213         676:e4de2be7be0d
bug19662         592:7af938a5589e
junk             415:873605c25f15
bug19490         243:acee4fcbf60e
bug19336         227:63a841c77b1c
bug20097         792:961a406d32ed (inactive)
v1_5_1           787:e09b7b41952b (inactive)
bug20099         771:1860e7d2381a (inactive)
bug19749         770:883f889d09d0 (inactive)
bug20064         761:4a426a5e3f4b (inactive)
bug18557         759:3e82b163e230 (inactive)
bug20125         757:595f7ffdf247 (inactive)
bug20152         753:fbfd2dc9f08d (inactive)
bug20155         743:84d2deb712f5 (inactive)
bug20111         739:149475d4d7a8 (inactive)
bug20088         737:06b16fb29a1c (inactive)
bug20035         731:f0c19128c50b (inactive)
bug20141         728:9ae964d3c851 (inactive)
bug20121         720:02458a6d02c5 (inactive)
...

結論: 積極的にブランチは切る。(Git でも SVN でも出来るけどね)