Erlang における浮動小数点の扱いとか

調べたことがあったのでメモ。

1> <<Sign:1, Exponent:8, Fraction:23>> = <<0.15625:8/float-unit:4>>.
<<62,32,0,0>>
2> f().
3> <<Sign:1, Exponent:11, Fraction:52>> = <<0.15625:8/float-unit:8>>.
<<63,196,0,0,0,0,0,0>>

ErlangIEEE方式(IEEE 754 形式)を採用していますので、wikipedia の例をコードにしてみました。