テストの話

Twitter でかなりいい話だったのでメモ

http://twitter.com/ryushi が話してた一部です。勝手にメモしてます。

メモ

ユニットテストと言う何かが差している対象の概念モデルがいつでもズレている。

品質保証の為のテストと設計の為のテストは違うんだぜって、じっちゃは言ってなかったか?

そして、設計の為のユニットテストはどんだけ大量に書いたって、それは品質保証的な意味合いでは価値なんて無いだろjk

もし、設計の為のテストコードによって、品質までもが保障されると主張するのであれば、それには異議を唱えたい。

DbC的な意味合いでのテストコードと、設計的な意味合いでのテストコードもまた違うものだ。

少なくとも、設計モデルが重要であると主張する人達は、多分、きっと間違いなく自然言語もしくは箱的な何かを並べる設計モデルの代わりに、ユニットテストなんだ、と言う事を理解していない可能性がある。

そして、僕があの記事を読んで理解出来なかったのは、ボブおじさんが作るべきだと言っているユニットテストは、どっちなんだ?と。設計モデルとしてのテストコードか、品質保証機構としてのテストコードか?

プロフェッショナリズムがどうとか、そういう変な事に絡めるから話がややこしくなるんだ。

設計モデルを、テストコードだろうが、文書だろうが、謎の箱が並んだ絵だろうが、作った方が良いのは、誰にだって分る事だし、

品質保証をいかにして、低コストに、反復可能に、作業対効果が高い方法で行うか?って事も重要。そのコンテキストの中でも、品質保証を必ずしもテストコードによってのみ行う必要は無いと思うんだ

で、結局、ボブおじさんの話はどっちなんだ?と。

両方だぜ、ベイベーとか言う話だと、僕は思うのだけど、それなら、圧倒的に説明不足なんじゃねぇの?使い方がどうこう言う話じゃねぇだろう

正直、トップダウンだけでも、ボトムアップだけでも、大規模なドメインモデルを適切に構築するのは、無理なんじゃね?と言うのが、僕の考え。