読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Python Hack-a-thon #3

Python Hack-a-thon #3 がいつも以上にグダグダな感じで終わりました、本当にありがとうございます。

反省

  • 予定してたパネルディスカッションはコストがかかりすぎることが判明。やはり気軽に発表というほうが良さそう。
  • わいわいがやがやで結構ハンズオンの声がかぶってしまって大変そう
  • 発表の時間制限のありかたがむずかしい、基本止めない派なんですがつまっていたので止めたりしました。
  • 昼ご飯食べに行けない(自分が)

収穫

  • @camlspotter に OCaml 教えて貰えた
  • ハッカソンは時間自由、ハンズオンは朝からびっちり、でいいみたい。
  • ハンズオンは最大 6 チームまでにすべき(開場がオラクルの場合のみ)
  • いきなりハンズオンをやる人がいたりと輪を作ってて嬉しかった
  • 最後の最後まで残ってくれる人が多かった
  • 遅刻厳禁といったらかなり運営が楽だった
  • 発表者は 15 分を 3 ~ 4 人が最大であとは 5 分のライトニングトークをやりたいひとだけって形がよさそう。
  • ハンズオンはその場でしか募集しないというのはいい感じ。移動も簡単にできるべき

今後

まず、キャンセルはあって当たり前、予定が入るの基本。むしろ優先順位最下層に勉強会はあるべき。というイメージをもっているので、今後もキャンセルしやすい集まりを目指していきます。

  • Python 以外を積極的に扱っていきたいと思います。好きな言語が Python な連中が多いイベントってことで。
    • 自分は Python 大好きですが、今は ErlangOCaml(入門中) しか触ってません。
  • 楽しく仲良く元気よくであればいいかなと。参加した人に少しでも楽しんで貰えれば幸いです。

次回

7 月頃にやりたいなと思っておりますが、日程も場所も決まっていません。
場所は今回と同じところをお願いしたいとは思いますが、絶対はありません。

発表者とハンズオン講師希望者は常に募集しています。

@camlspotter に発表をお願いして快諾して頂きました。

興味ある方どーぞ http://atnd.org/events/2906