Scientific Linux 6.0 に Erlang をインストールしてみる

Scientific Linux 6.0 (on VMware Fusion) に Erlang をコンパイルして入れて見ています。

SL 6.0 は最小インストールにしてみました。コンパイルするために必要なものを ... yum で入れて見ます。

抜けがあったらごめんなさい

yum install gcc gcc-c++ make openssl-devel ncurses-devel

hipe 系は disable にして halfword をオンにしています。Erlang は基本的に 64 bit で使うべきと思っているのでもちろん 64 bit でビルド。

./configure --prefix=/opt/local/erlang/R14B03 --enable-smp-support --enable-m64-build --enable-halfword-emulator --enable-kernel-poll --without-javac --disable-native-libs --disable-hipe --disable-sctp --enable-threads

コンパイルはそんなに時間はかかりませんでした。10 分もかかってないはず。

[root@scientific-linux otp_src_R14B03]# /opt/local/erlang/R14B03/bin/erl
Erlang R14B03 (erts-5.8.4) [source] [64-bit halfword] [smp:2:2] [rq:2] [async-threads:0] [kernel-poll:false]

Eshell V5.8.4  (abort with ^G)
1> application:start(crypto).
ok
2> crypto:strong_rand_bytes(16).
<<190,101,30,236,105,88,42,112,255,17,78,237,240,136,197,237>>

無事起動しました。