Amazon S3 ウェブホスティング機能をつかって Sphinx をデプロイする

Sphinx のデプロイ先、趣味や一時的なら困る事がありませんよね。
たとえば、Google App EngineDropbox などが多いと思います。

ただ、仕事でアカウント管理やドメインについて考えると ... 。
なんか面倒だからレンタルサーバ借りてーとかになりますよね。

そんなことをつぶやいていたら、
@_2F_1 から Amazon S3 で静的ファイルウェブホスティングが出来るということを教えて貰いました。

ということで、試してみました。

Amazon S3 は説明する必要も無いと思います、Tokyo リージョンでさくさく。

設定は簡単で、バケットのプロパティから Website に Enabled チェックをいれて Index Document を設定すれば良いです。
f:id:Voluntas:20110905233606p:image

とりあえずサンプルとして sphinx-users-jp のサイトを公開してみますね。

http://sphinx-users-jp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/

とりあえず、いくらぐらいかかるモノなのかを知るためにもある程度公開しておきます。

追記1

これ、ちなみにドメインも上手いこと設定出来るようです。
さらに IAM を使ってバケットやファイル単位でパーミッションが切れるみたいなので、便利ですよね。

追記2

全てのファイルをReduced Redundancy Storage に切り替えました、別に失って困るデータはないですし、少しでも安くするためにも。

追記3

忘れそうなのでとりあえず削除しておきました