読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッカーに憧れて

other

ちらしのうらです。


自分は誰かに憧れてということはほとんど無いのですが、今も昔も憧れている人がいます。

その方はハッカーです。初めての知ったのは学生時代に Python を勉強し始めた頃でした。
当時 Python を触っている人はほとんどおりませんでしたが、その頃触っている人は最低一度はお世話になっている人です。ウェブサイトを読んで、勉強させて貰ってハッカーってかっこいいなぁって思っていました。

就職してから運良くその方に会うことが出来ました。初めて見たときは感動しました。
「おぉ、これが、ほんものか ... 」なんて感じです。
なんていったって、ずっとウェブだけで見ていた人が目の前で HHK Pro + MBP でカタカタ作業しているのを目の当たりにしたのですから。

ハッカーに憧れて、プログラマになりました。

今の自分はカッコイイコードより、シンプルなコードが良くて、楽しい事よりお金が稼げる事の方が好きです。
ハッカーに憧れ続けて、自分がなったのは職業プログラマーです。それで後悔はしていませんし、むしろプログラムを書いて生活しているので子供の頃からの夢は叶えていて満足しています。

でも、やはりカッコイイコード、楽しそうなアイデアに憧れるんですよね。書けないのはわかっているんですけど。

ハッカーに憧れて、たどり着いたのはハッカーではありませんでした。

ただ、ハッカーという存在がいたからこそ、今の自分がいるのは間違いありません。

この話しを書こうと思ったきっかけは、なんというか最近の社会ってハッカーを受け入れるのが難しくなってきているんだろうな、って思っています。

まず第一に売り上げ、第二に売り上げ、第三に売り上げ、お金が稼げない技術はダメ。そんな空気が強くなってきているように感じます。

自分も社会人なりたての頃はそう思っていました。ただ最近思うんです、ハッカーって夢を見せてくれて、未来を見せてくれる大事な職業なんじゃ無いかなって。

もちろん github を見れば沢山ハッカーがいます。ただ身近にハッカーがいたことで、今の自分がいました。

身近にいて、たまに「こんな面白い記事がね」「このモジュールが」「この話し知ってる?」と話してるだけで嬉しいのです。

ある程度会社にいると管理だ、経営だとそんな話しが出てきてしまいます。なんというか、もっと夢を見せる人がいてもいいんじゃ無いかなぁと思うんです。全ての人を狭い世界に無理矢理閉じ込めようとしなくたって良いんじゃないかなと。

もちろん、会社の規模や状況に応じて色々あるとは思います。ただ、方向性や未来を見せてくれる人は必要だと思うんです。


ハッカーに憧れて、ymasuda.jp に魅せられて、今も ymasuda (@whosaysni) に憧れ続けています。