2011 振り返り

新しい技術を身につけるのは苦手なので正直ほとんど何もしていません。

Clojure

ただウェブ系のお仕事が出てきそうなので Python でいくかと考えていたところに Clojure/Ring が登場してきたので、少しずつではありますが Clojure を勉強し始めた年でした。

Python -> Erlang -> Clojure と来るとは思っても見ませんでした。

PythonErlang は既に仕事で使っているので Clojure も仕事に組み込めればいいなと。

個人的には「仕事で使うと覚えが早い」というのがあるので。

Sphinx

あとは、Sphinx 周り、自分は何も頑張っていませんが仕事でガッツリ使えるようになりました。
ドキュメントしかり、ウェブサイトしかり。来年もこの辺はやっていこうかなと。
やっていこうといっても自分でやらず @aohta や @shkumagai に任せっきりですが。自分は方針出すだけ。

Riak

少し調べたりはしましたが、これも仕事で使えるようになりそうなので、あんまり追いかけてないです。まぁ @itawasa がいるのでなんとかなるであろうくらい。

Erlang

仕事でがっつり使っている上に、Erlang Workshop 2011 で色々な出会いがありました。後数年は使い続ける言語だと思います。

github

大きく変わったことの一つとして、Github を仕事で使うようになったというのがあります。便利ですね。ただ issues はまだまだなので運用側でかなり苦労しています。

Python 温泉

定期開催を終了しました。来年からは適当に1年に1回程度出来たらいいなと。

Python Developers Festa

Python Hack-a-thon から名前を変えました。ハンズオン + モクモク + プレゼン の3点セット。

  • Mercurial (バージョン管理)
  • Sphinx (ドキュメント)
  • Python (初級から上級まで)
  • テストとかなんかその辺

上記 4 点のハンズオンを主軸にしつついつもと変わらない適当さで進めていくつもりです。

Python 忘年会

今年も無事終わりました。新年会やってほしいという声があるので開催予定です。

2011 新年に立てた目標

英語、IPv6、仮想化でしたが残念ながらどれも出来ずに終わりました。英語は少しやりはじめたかな、と。
IPv6 に関しては仕事では扱いましたが積極的にどうこうできなかったなぁと。
仮想化については XenServer 構築して終了。ほとんど何もせず ... 。

ウェブ系

ウェブ関連は Sphinx ベースだったのでなんともですが、今まで欲しかった mockflow というモック生成ツールに出会えたことで開発者に「これがほしい」を伝えやすくなった気がします。これは大きな進歩。

自分自身はデザインも何もかもダメなので、その辺は他の人任せを来年も貫き通します。

ただ、新しい技術だけは追いかけておく必要はありますね。

Heroku

Heroku で PythonErlang が動くようになったので遊んでみたりしました。ただ全然ですね。結局仕事で触れることが無いので、遊んで終わりでした。

来年は Heroku で何かデプロイできるような仕事を作れればいいなと思っています。

総括

なんか、技術とは別の一年だった気がします。やり方とか手法とか色々。技術チームで連携と営業と技術の連携それぞれ、考えさせられ色々実践してみて失敗したりうまくいったりした気がします。

来年もそれは変わらずですね。

ただ、もっと「システム化」していかないと行けないなぁと思いました。なんでもかんでもではなく「便利」にするシステム化。簡単に言えば社内システムをもう少し手を付けられるようにしていかないとなと。

一応技術力も売りにしているので、社内がアナログではねぇ、と。

新しい技術を余り追いかけられなくなってきているので来年は少しそこを打破できるようにしていきたいなと。