読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Erlang + UUID ライブラリを触ってみる

erlang

RFC 4122 で定義されている UUID を Erlang から使うにはどうやるのかなと思って調べてみました。

詳細は参考に書いた "UUID と Perl について" という記事が素晴らしいので、それを読んで下さい。

Erlang の NIF バインディングはこれ、rebar の設定が古いので後で pull-request かな。

使ってみる

なにやらバージョンが 5 つあるようです。

version 2 以外全てに対応しているようです、というか普通そうなのかな。

Version 1

> ossp_uuid:make(v1, binary).
<<70,47,19,80,117,181,17,225,140,150,88,85,202,250,121,45>>

Version 3

> ossp_uuid:make(v3, binary, "ns:URL", "http://example.com").
<<214,50,181,12,121,19,49,55,174,154,45,147,245,110,112,213>>

Version 4

> ossp_uuid:make(v4, binary).                                
<<219,96,70,1,157,163,74,19,149,208,197,55,50,210,184,125>>

Version 5

> ossp_uuid:make(v5, binary, "ns:URL", "http://example.com").
<<140,157,220,176,128,132,90,127,169,136,16,149,171,24,181,223>>

結論

負荷試験とかやってないので何ともですが、まぁ使えるかなぁって感じですね。